本ページはプロモーションが含まれています。

首と肩がホッとする枕とPLUSどっちがおすすめ?違いを徹底比較!

首と肩がホッとする枕違いを比較 サバキューダブル枕

[PR]

首と肩がホッとする枕と、首と肩がホッとする枕の進化版のPLUSはどっちがおすすめか違いを比較しました。

結果、進化版の首と肩がホッとする枕PLUSがおすすめになりますが、価格帯も高価になりますので、まずは徹底比較した結果をみて検討して下さいね。

今すぐ首と肩がホッとする枕PLUSの価格や機能を知りたい方は、以下の公式サイトをチェックして下さいね。

SurvaQの枕対決:首と肩がホッとする枕 vs 枕PLUS

比較項目首と肩がホッとする枕首と肩がホッとする枕PLUS
機能の多様性首の温め機能首と肩の温め機能
首もみ機能
高さ調整なしあり(6.5㎝~9.5㎝調節可能)
サイズコンパクト
(幅51×奥行33.5×高さ11㎝)
大きめ
(幅62×奥行37×高さ12㎝)
首もみ機能なしあり
オフタイマー機能最大60分最大8時間
対象ユーザー首と肩の凝りがある人首と肩の凝りがある人
広範囲のサポートが欲しい人
枕のカスタマイズを求める人
価格求めやすい高価
デザインと素材シンプルで実用的シンプルで実用的
快適性を重視

SurvaQの「首と肩がホッとする枕」と「首と肩がホッとする枕PLUS」は進化した枕です。

標準版の枕はシンプルで手頃な価格が魅力で、首だけが温まります。

標準版でも十分な機能ですが、PLUSはさらに快適を求めた枕です。

首と肩がホッとする枕PLUSはより多機能で、高さ調整や長時間のオフタイマー機能、首もみ機能を備えており、より高度なリラクゼーションを求めるユーザーに適しています。

首と肩がホッとする枕PLUSはサイズも大きく、広範囲で睡眠のサポートができるでしょう。

以降、首と肩がホッとする枕とPLUSの違いを比較していますので、読み進めて下さいね。

また、以下の公式サイトで機能の違いの詳細が分かりますので確認してみてくださいね。

違い①快適性のカスタマイズ:PLUSは高さ調整可能!

首と肩がホッとする枕PLUSの高さ調整
枕の種類高さ調整機能調整範囲
首と肩がホッとする枕なし
首と肩がホッとする枕PLUSあり6.5㎝~9.5㎝

「首と肩がホッとする枕PLUS」の最大の特徴の一つは、高さ調整機能です。

この機能により、身体的ニーズや好みに合わせて枕の高さをカスタマイズできます。

首と肩がホッとする枕PLUSの調整範囲は、6.5㎝から9.5㎝までと幅広く、自分好みで高さが調節できるのは、より快適な睡眠がとれますよね。

一方、標準版の「首と肩がホッとする枕」にはこの高さ調整機能がなく、一定の高さになります。

違い②枕の大きさ:大きいサイズはPLUS

首と肩がホッとする枕とPLUSのサイズ
枕の種類サイズ
首と肩がホッとする枕幅51×奥行33.5×高さ11㎝
首と肩がホッとする枕PLUS幅62×奥行37×高さ12㎝

「首と肩がホッとする枕」はコンパクトで、シングルベッドやお布団で寝られている人には最適な大きさです。

一方、「首と肩がホッとする枕PLUS」は大きめのサイズで、広範囲のサポートであり、寝返りを打ちやすくします。

大きいサイズがいいのであれば、首と肩がホッとする枕PLUSがいいでしょう。

違い③首もみ機能:有無を比較

首と肩がホッとする枕PLUSの機能
枕の種類首もみ機能
首と肩がホッとする枕なし
首と肩がホッとする枕PLUSあり

「首と肩がホッとする枕PLUS」は首もみ機能を搭載しており、マッサージによるリラクゼーションを深めます。

この機能は、特に長時間のデスクワークやスマートフォンの使用による首の疲れを感じる人にとって大きなメリットかと感じますよ。

違い④使い勝手の良さ:オフタイマー機能の有無

首と肩がホッとする枕PLUSのタイマー
枕の種類オフタイマー機能
首と肩がホッとする枕最大60分
首と肩がホッとする枕PLUS最大8時間

オフタイマー機能は、どっちもの枕にもあります。

しかし、「首と肩がホッとする枕」は短時間の使用に適していますが、「首と肩がホッとする枕PLUS」は最大8時間の長時間設定が可能で、夜通しの使用も可能になりました。

実際に私は首と肩がホッとする枕を利用していますが、寝つきが悪い時はオフタイマー60分では足りなく感じます。

しかし、寝つきがいい時は、タイマーで60分もいらないと感じます。

首と肩がホッとする枕の口コミを別途記事にしていますので、以下も参考にして下さいね。

>首と肩がホッとする枕の口コミ!

違い⑤誰におすすめ?:対象ユーザーの違い

枕の種類対象ユーザー
首と肩がホッとする枕首と肩の凝りがある人
首と肩がホッとする枕PLUS首と肩の凝りがある人
広範囲のサポートが欲しい人
枕のカスタマイズを求める人

「首と肩がホッとする枕」は、首と肩の凝りがある人に作られた日本人にあった枕です。

「首と肩がホッとする枕PLUS」も首と肩の凝りがある人に作られており、より多機能で、広範囲のサポートとカスタマイズが出来る枕です。

より多くの機能を求めているのであれば、首と肩がホッとする枕PLUSがいいでしょう。

違い⑥価格:コストパフォーマンスを比較

枕の種類価格帯
首と肩がホッとする枕1個:21,643円→15,800円(税込)
2個:43,286円→29,436円(税込)
枕カバー:2,480円(税込)
首と肩がホッとする枕PLUS1個:27,123円→22,800円(税込)
2個:54,246円→42,853円(税込)
枕カバー:2,480円(税込)

価格面では、「首と肩がホッとする枕」はより手頃ですが、決して安い枕ではありません。

一方で、「首と肩がホッとする枕PLUS」は高価ですが、その価格に見合う機能があり、マッサージ機能付きと考えると相応な値段かと感じます。

違い⑦デザインと素材:見た目と感触の比較

枕の種類デザイン素材
首と肩がホッとする枕ダブル枕ウレタン
低反発と高反発
首と肩がホッとする枕PLUS大きいダブル枕頭はエアスルーファイバー
首の枕部分はウレタン

デザインと素材の面では、首と肩がホッとする枕両枕ともに高品質な素材を使用しています。

どちらもデザインはほぼ同じですが、素材が首と肩がホッとする枕PLUSは頭と首部分が違います。

いずれも、快適な枕ですが、より快適を求めるのであれば、進化した首と肩がホッとする枕PLUSでしょう。

また、枕のデザインは同じで使用に複雑な機能がない方がいい方は、首と肩がホッとする枕でなくサバキュー枕の温まるタイプでない枕もあります。

以下の公式サイトで、サバキューダブル枕もチェックできますので、見て下さいね。

首と肩がホッとする枕とPLUSどっちが快適か紹介

首と肩がホッとする枕と、首と肩がホッとする枕PLUSどっちがおすすめなのか、おすすめポイントをいくつかピックアップしてみました。

首と肩がホッとする枕とPLUSのおすすめポイントをみて、どっちがいいのか検討してもいいでしょう。

首と肩がホッとする枕のおすすめポイント

首と肩がホッとする枕のおすすめポイント
  1. シンプルで使いやすい:複雑な機能がなく、直感的に使用できます。
  2. コンパクトなサイズ:小さめのサイズで、限られたスペースにも適しています。
  3. 手頃な価格:予算に優しい価格設定で、基本的な快適さが得られます。

「首と肩がホッとする枕」は、シンプルさと使いやすさがいいでしょう。

首と肩がホッとする枕は、スペースが限られている場所での使用を考えている方に最適です。

また、手頃な価格の枕を検討しているのであれば、初めて高品質な枕を試す方や予算を重視する方にとっても魅力的なのが「首と肩がホッとする枕」です。

首と肩がホッとする枕は、基本的な快適さと機能性を求める方におすすめできる枕でしょう。

首と肩がホッとする枕PLUSのおすすめポイント

首と肩がホッとする枕PLUSのおすすめポイント
  1. リラクゼーション機能:首もみ機能を含む多様なリラクゼーションがあります。
  2. カスタマイズ可能:枕の高さが6.5㎝から9.5㎝まで調節可能で、個々の身体的ニーズに合わせられます。
  3. サイズ感:大きめのサイズで、快適な睡眠時間になるでしょう。

「首と肩がホッとする枕PLUS」は、マッサージ機能もプラスされ、リラクゼーション機能を求める方にいいでしょう。

首もみ機能を含む多様なオプションは、今までの枕では見たこともなく、日々の疲れやストレスからの解放できます。

また、カスタマイズ可能な高さ調整機能により、個々の身体的ニーズや好みに合わせて枕を調節できるため、より枕難民にも自分にあった枕が探せるでしょう。

さらに、大きめのサイズは、広範囲のサポートであり快適な睡眠をサポートします。

この枕は、快適性と機能性を重視する方にとって、おすすめな枕です。

首と肩がホッとする枕とPLUSの枕は、以下の公式サイトで確認が出来ますよ。

首と肩がホッとする枕とPLUSの違いまとめ

SurvaQの首と肩がホッとする枕とPLUSの枕は、独自の特徴を持っている枕です。

標準版の「首と肩がホッとする枕」は、そのシンプルさ、コンパクトなサイズ、そして手頃な価格で、基本的な快適さと使いやすさです。

一方で、「首と肩がホッとする枕PLUS」は、首もみ機能、高さ調整可能性、そして広範囲のサポートで、より高度なリラクゼーションとカスタマイズを求める人に適しています。

首と肩がホッとする枕とPLUSの枕どっちがいいかは、個々のニーズ、好み、そして生活スタイルに大きく変わりますので、以下の公式サイトでチェックしてみて下さいね。