東のほうからやってきた異彩。

どこからともなくA-omoroにたどり着いた彼。

最初に発した言葉「第二関節は小指ですか?」



身体のメンテナンスを怠らない、超ド級の真面目人間